« 力まない移住 | Main | 晴写雨業 »

March 27, 2013

移住と仕事(特殊事例)

Dsc04036
写真はよく乗る高速バス。3時間ほどで都心と松本を結び、しかもリーズナブルなので、とても助かっています。と言っても高速バスで都内に通勤しているわけではありません。

移住後の仕事は、誰もが気にかかることだから、早い時期に書こうと思ったのですが、タイトル通り、僕の事例は特殊なので、ためらっていました。

特殊なのは仕事の分野です。メインの仕事はカメラマン(スチール、ムービー)、ライター、メディアプランナーで、NPO法人の代表もやっています。

食い扶持はクリエーターの仕事で稼いでいるですが、関わる分野もまた特殊なのです。

主に環境問題関連、企業社史・団体年史関連、自動車関連、住宅関連、地域振興関連などなんですが、どちらかというと経験のあるクリエーターが少ない分野なので、一度、クライアントと良好な関係が築けると、フットワークさえ確保すれば住む場所を選ばずに仕事を請け続けることができます。

逆に松本ではあまりない仕事のため、いまだに都心依存度100%です。

取材や撮影、打ち合わせのときなどに、高速バスか車で都心(時には地方)に出向き、松本に帰ってきてからデスクワークをこなすという感じで、日々を過ごしています。いまのところ平均して月の1/4を松本で過ごすといった案配です。

昨年末には仲間と会社を作り、都内の共同オフィスに本社を設けました。長いことフリーランスでやってきたのですが、仲間のネットワークをかけあわせれば、よりさまざまな仕事ができるし、実績があれば信州での仕事も開拓しやすくなり、仲間の移住基盤も作れると考えたからです。

若いころから小さな会社ばかりに勤め、親にずいぶん心配をかけてきましたが、何にでも首を突っ込み、潰しが効く身になれたことで、仕事のことをあまり心配せずに移住することができました。

こんな感じなので、まったくほかの方の参考にならないのです。

でも、もしもクリエーターで、移住先に仕事があるか心配な方は、ぜひ、最近できはじめているコワーキングスペースを事前にお訪ねください。コワーキングスペースは、利用者と交流しながら、仕事などができるオープンなオフィスです。コラボ的に仕事が生まれることも多々あるようなので、一見の価値はありますよ。

« 力まない移住 | Main | 晴写雨業 »

移住の体験談」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53483/57044789

Listed below are links to weblogs that reference 移住と仕事(特殊事例):

« 力まない移住 | Main | 晴写雨業 »

ウェブページ

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ