« 白い冬 | Main | 里を見守る神々の座 »

March 04, 2013

さようなら、ミニエコー

001

ミニエコーは、塩尻と辰野間を結ぶ、中央本線支線を走る電車です。

中央本線の岡谷と塩尻を最短ルートで結ぶ塩嶺トンネルの完成後、脇ルートとなってしまった区間が支線化され、1986年から荷物電車を改造したミニエコーが走り始めたのだそうです。

僕は日常的に使っていたわけではありませんが、一時、上諏訪に住んで松本に通っていたとき、よく塩尻駅などで見かけていました。

しかし、この電車も老朽化著しく、2013年3月16日ダイヤ改正で、省エネ性能に優れてた電車に置き換えられることになったのです。

この日、沿線のあちこちに、引退前の勇姿を撮ろうとするカメラマンが出没していました。僕は撮り鉄というワケでもないのですが、「里山地帯を走る里山電車」を記録しておきたくて、線路沿いの道からショットしました。

« 白い冬 | Main | 里を見守る神々の座 »

乗り物馬鹿のヨタ話」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53483/56884273

Listed below are links to weblogs that reference さようなら、ミニエコー:

« 白い冬 | Main | 里を見守る神々の座 »

ウェブページ

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ