« December 2016 | Main | February 2017 »

January 27, 2017

意外と近い、静岡の海

Img_9900

昨日は三島市のとある工場で取材でした。

出張に寄り道を付け足すことで旅にする。これがいつもの楽しみ方です。

今日は富士山がきれいそうだったから、以前からリサーチしていた富士市の「ふじのくに田子の浦みなと公園」と、その界隈に立ち寄ってみました。

なかなかきれい。現代版富岳百景の一つという感じです。季節や時間を変えて訪れるのもいいかもしれませんね。


Img_9934

January 18, 2017

恵まれたワークライフバランス

Nomugi

趣味がオートバイ、自転車、スキー、写真(仕事の一部でもありますが)なので、信州はとても肌に合った地です。

仕事柄、自分でスケジュール調整をしやすいと言うこともあり、平日と休日を入れ替えて遊びに行くことが多々あります。

この時期はなんと言ってもスキーです。ホームゲレンデは写真の「野麦峠スキー場」と、大町市の「爺ヶ岳スキー場」。前者は自宅から45kmほど、後者は40kmほど。市街地を除けばほとんど信号がなく、渋滞も少ないので、ササッと行くとことができます。

加えて野麦峠スキー場の場合、ぎりぎり松本市内なので、リフト1日券が松本市民割引価格の2,800円で買えるんですよ。ま、2500円の4時間券で十分ですが。

松本市内は豪雪地帯ではないけれど、野麦峠スキー場のある奈川地区は、比較的雪が多い地域なので、パウダースノーが楽しめます。しかも、全長4kmのダウンヒルコースがある本格的なスキー場なんです。

残念なのはスキーシーズンと仕事の繁忙期が重なること。かつ2月中旬には花粉症が発症してしまうこと。

あと1カ月、思いっきり楽しみたいと思います。

January 14, 2017

意外とかさまない首都圏移動コスト

Photo

東京で初対面の人に「住んでいるのは松本です」というと、たいてい驚かれます。すごく遠いところというイメージがあるのでしょう。

毎週のように、ときには一日おきに松本─東京間を移動するので、すっかりと慣れてしまいました。移動時間はJRの特急で片道約2時間30分~3時間、高速バスで約3時間~3時間半。この時間を自由に使える時間と考えれば、とても贅沢なこと。それに車窓風景が美しく、季節ごとの変化も楽しめるので、決して飽きることはありません。

移動コストもそんなに高くないんですよ。高速バスならインターネット予約で往復5970円+ポイント、JRの特急はちょっと高いけれど、トクだ値を使えば約9200円~8700円。以前に住んでいた湘南の町から東京まではバス+運賃+ライナー券で往復約4000円かかっていたから、1.5倍~2.3倍のコスト増ですが、上京する機会を集約するようになったので、あまりコスト増を感じていません。

家賃の安さも相まって、無理なく「信州で暮らし、都心の仕事をする」生活が成り立っているのです。

※写真は高速バスの「草間号 幻の華」。草間彌生デザインです。

January 08, 2017

アルプスを眺めながらのミーティング

Img_3074


写真は昨日、非営利団体のミーティングを行った会場から撮影したものです。常念岳から白馬方面までがきれいに一望できました。

この場所、実は安曇野市役所内なのです。4階にパノラマラウンジという一室があり、休憩や観光、勉強など、さまざまな用途で使えます。

テーブルと椅子はもとより、飲料の自販機、展望デッキもあるなど、至れり尽くせりです。ただ、眺めが良すぎて、最初のうちは打ち合わせが上の空になってしまいましたが。

観光でいらっしゃる方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

January 03, 2017

神々の座に守られた「仁科の里」

Img_3034

「北アルプス」と行っても見る位置によって山容はさまざま。

個人的にアルプスの急峻さを最も物語ると思っているのが、爺ヶ岳や鹿島槍付近と感じています。写真はその2峰と、麓に広がる「仁科の里」方面を撮影したものです。

「仁科の里」とは、現在の大町市を中心とした一帯を指します。平安時代の創建と言われる仁科神明宮から、仁科三湖(木崎湖、中綱湖、青木湖)にかけての一帯で、人々が歴史を紡いできました。

その歴史ある里からいきなり標高2,000m~3,000m級の山が立ち上がっているのが、「仁科の里」の景観的な一大特徴です。

ちなみに撮影日は2017年1月2日。例年、この時期は里も白く塗りつぶされているのだけれど、2年続きの暖冬となりました。写真中央よりやや右側の山裾に見える「爺ヶ岳スキー場」さえオープンしていない、異様に暖かい冬となっています。

January 01, 2017

2017年1月1日のモルゲンロート

Img_9876

新年おめでとうございます。

モルゲンロートの撮影から、今年の撮影活動を開始しました。

常々、神は自分のなかにいて、何かの形(神社とかお寺とか巨樹とか)を借りて拝むことで決意を固めるものだと思っています。

なので、今年はアルプスの山々を借りて初詣をしました。とは言え、山々の神々しさを見ていると「神が宿っている」としか思えないのですが。

ともあれ、今年が皆さまにとって幸多い年となりますことをお祈りします。


« December 2016 | Main | February 2017 »

ウェブページ

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ