« October 2018 | Main | December 2018 »

November 30, 2018

蘇る馬耕

46513839_1949246365111066_734095637

社会活動でご縁のある団体が馬を飼っています。
ばんえい競馬で活躍していた「ヤマト」という馬です。
林業会社も関係しているので、
森から木材を運び出す馬搬や、ホースセラピーにも取り組みたいとのこと。


この間は馬耕デモンストレーション・体験会を開催するというので見てきました。


以前、ある雑誌の取材で調べたんですが、農具の歴史は弥生時代に鍬や鋤の原型から始まり、
牛、馬による耕耘を経てトラクターに変遷したそうです。馬が主役だったのは明治時代とのこと。
各地の郷土資料館では、馬耕用の犂がよく展示されていますが、それだけ身近だったんでしょうね。


さて、デモンストレーションを見ての感想です。馬、思ったよりすごい。


馬はのんびり歩いているんですが、慣れない人はまるで引っ張られるよう。
深く耕せるのが特長だったと言われているのもよく分かりました。


馬の飼育はかなりの手間と費用がかかる上に、そこそこ広い土地が必要です。
自動化を模索する段階に突入したトラクターに取って代わることはないと思うけれど、
持続可能性を伝承する教材として、残ってほしいと思いました。


何よりも馬と里山の景観的なマッチングが素敵。
そのような景色を創り出す人たちを、これからも応援したいと思っています。

今年の紅葉

44872037_1910605052308531_150048901
今年の紅葉、お近くではいかがだったでしょう。

松本界隈はきれいでした。

写真は信濃大町の霊松寺。もう1カ月ほど前の写真ですが。

このお寺はモミジ類がきれい。植栽樹による創られた紅葉だけれど、
すり鉢状の地形ということもあって、包まれているような気持ちになれます。

仏教信仰がない者でも、思わず手を合わせたくなる厳かさが気に入っています。

44966449_1910605015641868_757338375


« October 2018 | Main | December 2018 »