September 06, 2017

「ちょっと北陸まで」が簡単な松本

Img_0477
写真は富山県庄川地区の散居村です。先日、撮影に行ってきました。

北陸新幹線の開通で、首都圏からの時間距離が縮まった北陸ですが、その前から松本は北陸が近い地なのです。

クルマなら富山まで約130km、2時間半。それも一般道だけでです。

ルートは松本市→安房トンネル・平湯→岐阜県神岡町→富山市。安房トンネルは有料ですが、あとは国道と県道のみです。

もしくは大町・白馬経由で糸魚川に向かうルートもあります。

このアクセスの良さから、海水浴も釣りも、新鮮な魚を食べに行くのも北陸という人が結構いるようです。

僕は里山風景を撮影しに、よく訪れます。この前は散居村と、八尾地区の棚田を撮影してきました。


Img_0596

こちらが八尾地区の棚田。富山県は耕地整理が進んでいるので、不整形な棚田があまりないのですが、
米どころらしい風景が広がっていました。

ウェブページ

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ