April 24, 2019

春めく信州

 

001

信州の春は突然にやってきました。


4月10日には雪が舞い、「まだスタッドレスが必要だな」と思っていたら、
そのすぐあとに桜が開花。

 

1枚目の写真は4月20日、
松本から安曇野に抜ける小さな峠道から望んだ信濃大町方面です。
やはり爺ヶ岳や鹿島槍は残雪の量が多いですね。
でも、だいぶ緑色が戻ってきました。

 

2枚目の写真は、地元では有名な常念道祖神と桜、そして常念岳。
すっかり満開になっていました。


002

そして、いよいよ信州はグリーンシーズンに突入。
この季節に備えて、オートバイの燃料系をオーバーホールしました。

車だと入れる道、停められる場所が限られますから、
オートバイの機動力を生かして、
新たな被写体を探したいと思っています。

 

 

 

 

January 02, 2019

2019年元旦、アルプスのモルゲンロート

Dsc02025
新年おめでとうございます。

なんとなく毎年恒例となった初モルゲンロート撮影。

今年は松本市を見おろす高台に三脚を据えました。

氷点下8°程度と冷え込むなか、快晴の朝を迎えました。


今年はやはり雪が少ないようですが、快晴の元旦は久しぶり。

アルプスに向かって手を合わせ、

「今年も健康を保ちながら、さまざまな活動に取り組んでいきます」と誓いました。

December 14, 2018

三角帽子型の常念岳が雪化粧

Jonen
松本を見下ろす北アルプスの常念岳。

ようやく雪化粧しました。これほど遅いのは久しぶり。

やはり気候変動の影響でしょうか。

この季節になると、松本は冷え込みの厳しい日が続くようになります。

大陸生まれの寒気団から届くのは、白馬や信濃大町に雪を降らせた後の冷たい風だけ。

この寒さが4カ月ほど続いた後、三寒四温の破折を経て、桜が咲くのは4月中旬。

春が待ち遠しいという思いもありますが、現役スキーヤーなので冬を楽しみたいという思いや、

花粉症だから「春はなるべく遅くていい」という思いも。

ま、とにもかくにも、目の前に広がる冬景色を楽しむことにしましょう。

November 30, 2018

今年の紅葉

44872037_1910605052308531_150048901
今年の紅葉、お近くではいかがだったでしょう。

松本界隈はきれいでした。

写真は信濃大町の霊松寺。もう1カ月ほど前の写真ですが。

このお寺はモミジ類がきれい。植栽樹による創られた紅葉だけれど、
すり鉢状の地形ということもあって、包まれているような気持ちになれます。

仏教信仰がない者でも、思わず手を合わせたくなる厳かさが気に入っています。

44966449_1910605015641868_757338375


October 05, 2018

北海道?いいえ松本平の高原野菜地帯です。

42641363_1874167669285603_828266323

「赤そばの里」の帰りに寄り道したのが、松本平南端の高原野菜地帯。

自治体では塩尻市、朝日村、山形村、松本市にかけて、広々とした畑が広がります。

それらの地域を貫く道の名は「サラダ街道」。

たしかに直売所に立ち寄りながら移動すれば、季節にもよるけれどサラダの素材が集まるんですよ。

この時期はキャベツやレタス栽培の最盛期です。

ちなみに左手に高い山がのぞいています。それらの山々は穂高岳などの飛騨山脈を成す山々。

「山に守られている」ことを実感する風景とも言えます。


October 04, 2018

赤く染まったソバ畑

42648098_1874159289286441_4975272_2


久しぶりの更新です。相変わらず松本を拠点に、あっちこっちへ行ったり来たり。

先日、伊那谷の箕輪町にある「赤そばの里」に行ってきました。松本からは約40kmの場所です。

ソバの花というと白が定番ですが、ここのソバは赤。観賞用のソバを品種改良して、食べられるようにしたのだそうです。

ちなみにソバは普通のソバと同じ灰色で、味の違いはほとんどありません。

この日は旅する蝶、アサギマダラも飛んできていました。こんなに小さな蝶なのに、台湾まで飛んでいく個体があると言われています。捕獲した個体の翅に捕獲日や場所を書いた後に放して、どこまで旅するのかを調べるのだそうです。自然の神秘ですね。

松本は朝夕、11℃程度にまで冷え込む日が増えてきました。冬が足早に近づいています。


42727162_1874159445953092_198942420


December 17, 2017

白い季節の始まり

24774852_1535418296493877_818172317
写真は松本市内から見た常念岳。望遠レンズで切り取っていますが、真っ白になりました。

今年の信州は冬の訪れが早いです。松本はそれほど雪が降っていないものの、周辺地域では真冬並みの降雪が。


24862509_1535418299827210_690034832

こちらの写真は松本から北に40kmほど離れた大町市。

里にも何度か雪が降っているようです。

大町市の爺ヶ岳スキー場によく行くのですが、昨年は1月半ばまでオープンできませんでした。

今年はたっぷりと雪があるようです。八方尾根、岩岳などのスキー場も予定通りにオーブンです。

24796363_1535418369827203_579283234

大町市の中心部から見た後立山連邦も、すっかり真冬の様相。

白くて美しい季節の始まりです。

November 23, 2017

松本、冬の始まり

Dscf6416
この時期、松本の朝は氷点下になります。

空気は乾燥し、キリリとした寒さです。

アルプス公園からは、写真のようなアルプスが望めます。

Dscf6421

松本の寒さは、このフロストリーフが物語ると思います。

日中の気温は晴れた暖かい日で9℃程度。

おいでになる方は真冬のコートをお忘れなく。

November 18, 2017

小川村秋景色

Img_1627
気がつけば立ち寄っている小川村。今年も秋の終わりに行ってきました。

平場からいきなり立ち上がるアルプスは神々しいけれど、里山風景が全景に入ると、より立体的に見えるような気がします。

Img_1645

訪れた時期は林檎の収穫期。

この風景のもとで育った林檎だから、まずいわけがありません。

Img_1688

この小川村から、旧中条村地域に延びる細い県道をたどるコースが最近のお気に入り。

日本の棚田100選の棚田があるほか、信州らしい山里風景を望むこともできます。


「ああ、毎日、こんな場所で暮らしたいなぁ」と思うものの、

家族が都会好きで、ずくがないので、実現しそうにありません。

November 06, 2017

錦秋を迎えた安曇野の山寺

Img_1557

安曇野に山寺があるのをご存じでしょうか。

栗尾山満願寺。北アルプスの前衛となる山の中腹に位置します。

地元ではツツジの名所として知られていますが、
安曇野観光のついでに立ち寄る人はあまりいません。

Img_1540

この時期は写真の通り、モミジが鮮やか。

Dscf6189

満願寺は、名水がわき出す場所でもあります。

その名も「命水」。

もともと松本地域は水道水がおいしいのですが、やはり北アルプスの天然水には勝てません。

この日も18リットルのタンクいっぱいの水を持ち帰ってきました。